ドライブのときに注意しておくべきこと

車を持っている方で、一番楽しみなのが好きな人とドライブすることではないでしょうか。友人、恋人、家族といった人たちと車の中で楽しく時間を過ごしたいですよね。そのために、ドライブ中に気を付けた方がよいことを、いくつか紹介していきたいと思います。

運転する人はここに気を付けろ

運転する人が一番気を付けなければならないのは、運転マナーです。速度を出しすぎたり、無茶な運転をして、同乗者に不安を与えてはいけません。スピード違反で捕まるなど言語道断です。せっかくの楽しいドライブが台無しになってしまいます。交通マナーを守り安全運転を心掛けましょう。

また、運転中の態度も見られております。例え周りの車に不快な思いをさせられても、舌打ちをしたり挑発的な態度にならないように注意が必要です。できる限り穏やかな心で過ごせるように努めましょう。例えば音楽をかけたり、ガムを噛んだりしてリラックスをすることも大切です。

助手席に乗った人はここに気を付けろ

助手席に乗った人は極力ドライバーの手助けをしてあげられるようにしましょう。まず大切なのは地図の確認です。目的地に着くまでの道のりを、地図やカーナビを見てフォローしてあげてください。もし、運転する人が道や道路状況に詳しい人だった場合は、逆に何も言えないのがベストです。下手に口をはさむと相手に不快な思いをさせる可能性があるからです。

また、運転手は両手がふさがっております。音楽やラジオをかけてあげたり、飲み物や食べ物を口に入れやすいように渡してあげるなどの心遣いも必要です。

ドライバーの横に座るのですから、まずは一番に運転に協力する立場にあります。例え後ろの席の人が眠ったとしても助手席では我慢し、目的地まで無事にたどり着けるように協力しましょう。なるべく携帯電話をいじったりしないことも大切です。

車内を快適に過ごすためのコツ

福数人で出かける場合、一番重要なのがトイレです。誰か一人が急にトイレに行きたくなり、その時近くにコンビニなどが無いと、車内がパニック状態になります。そうならないように、同乗者は事前にトイレを済ませておく、運転手は適度に休憩を取れるように、どこかへ寄ってあげるようにしてください。

中には、車内空間のニオイが気になる人もいます。特に夏場などは空気がこもり吐き気を催す人も少なくありません。シートなどは消臭剤でニオイを消したり、エアコンフィルターを交換するなど、出かける前に手入れをしておきましょう。もし同乗者に禁煙者がいる場合は、車にいる間はタバコを吸うことを我慢しましょう。

車の中は密閉された空間なので、何か不快なことがあると、それが全体に伝染してしまいます。楽しいドライブを成功させるためには、それぞれが相手に対して思いやりを持つことが大切です。普段の生活でもそうですが、我がままを言わない、無茶をしない、相手を気遣う、これらを心掛けることで、きっと素敵なドライブとなることでしょう。

Filed under: car — 10:07 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: