新車の値引き相場

car20
新車は中古車と違って品質に差はなく、またディーラーと値引き交渉を行うのが普通です。買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。

新車の購入

新車を購入するには生産しているメーカー系の自動車ディーラーから購入するのが一般的です。ディーラーによって扱っている車種が違う場合があるので注意が必要です。
従って、まずは欲しいと思っている車種を扱っているディーラーを調べるましょう。
インターネット見積サイトを利用すると、購入を検討している車名ほか簡単な事項を入力すれば近くの取扱いディーラーから見積が送られてきますので、上記の手間を省くことが出来て便利です。
新車購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

安く買うために

新車の値引き相場は日々刻々と変動しています。新車の価格には定価が設定されていますが、実際にはディーラーでの販売段階で値引きされる場合が殆どです。
また車種やグレードによって値引き幅には差があり、その車種の人気度や購入する時期などによって違ってきます。ディーラーの決算前や月末閉め日の直前などにノルマ達成のため大きな値引きを得られる場合が多いことは広く知られています。
つまり値引き相場というのは「有って無きがごとし」で全ては交渉次第であり、その第一歩が見積を取ることと言えます。

値引き交渉

新車の値引き交渉をする際には総支払額を重視しましょう。総支払額は車両本体価格に諸費用や保険料などの総額から下取り価格を引いたものです。他にもローンを組む場合はその金利も重要な要素です。
車両本体価格の値引き額にばかりこだわっていると「総支払額では損をしている」なんてことになりかねません。
見積書を見れば車両本体価格やその値引き額、諸経費や諸費用・納車費用などの細目が記載されています。
諸費用の中には自分自身で動くことで節約できるもの(例えば車庫証明など)もありますので、これらの子細に検討することで総支払額を抑制できるでしょう。

競合車・ライバル車

本命のクルマに対して多くの場合には他社メーカーの競合車があります。従ってまずは競合車の見積もりを取得し、それを材料にして本命のクルマを販売するディーラーの担当者と交渉すれば、商談を有利に進められるでしょう。
ディーラー側も競合車の存在を意識していますので、値引き交渉の切り札として利用できるでしょう。

下取り車

新車を購入する場合に現在乗っている愛車を下取りに出す方も多いでしょう。下取り価格は総支払額を抑制するのに重要な要素です。
愛車を高く売る特別な方法はありませんが、複数の業者に見積を依頼することで安く買い叩かれるリスクを回避できます。
もちろん下取り価格をあらかじめ知っておくことで新車ディーラーとの交渉を優位に進める為の交渉材料にもなるでしょう。

The値引き-自動車・新車-新車の値引き情報サイト。車種ごとの値引き情報や購入時の心得、ディーラーとの交渉の進め方など。

Filed under: car — 5:36 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: